相続関係説明図の作成

相続関係説明図とは

相続人調査により取得した戸籍で相続関係を把握いたします。相続人確定に必要な戸籍数は比較的多いこと、古い戸籍の判読には時間がかかるため、死亡した被相続人の相続人が誰であるか見やすく図式化した相続関係説明図を作成いたします。

法務局に相続登記を申請する際は、この相続関係説明図を作成し提出することで、戸籍謄本を原本還付することができます。戸籍謄本は、法務局に対して申請する不動産登記申請だけでなく、いろいろな関係先に提出する必要があるため、相続関係説明図を作成することは有用です。また、銀行等の手続きにおいても相続関係説明図を添付することで、担当者の確認作業が早くなり、手続き時間短縮に役立ちます。

 

相続関係説明図の書き方

被相続人に関しては氏名、生年月日、死亡年月日、本籍地、最後の住所地、登記簿上の住所を記載いたします。

相続人に関しては、氏名、生年月日、住所、続柄、養子縁組、離婚等を記載します。

 

法定相続証明情報について

平成29年から導入された制度です。法務局に戸籍一式を提出し,併せて相続関係を一覧に表した図(法定相続情報一覧図)を提出すれば、登記官がその一覧図に認証文を付した写しを無料で交付する制度です。

この制度ができる前までは、お亡くなりになられた方の戸除籍謄本等の束を,相続手続を取り扱う各種窓口に何度も出し直す必要がありました。複数の窓口で各種の相続手続きを並行して行うには戸籍一式を複数セット準備する必要がございました。この制度の導入により戸籍一式に代えて法定相続情報一覧図を提出して手続きを行うことが可能となり、相続手続きが同時に進められることとなりました。一部の機関では利用できないところもありますが、平成30年からは一定の条件のもと相続税申告の資料とすることが認められることなり、大変便利になりました。

 

法定相続証明情報制度の手続き

必要書類は以下のとおりです。法定相続情報証明制度を利用するにあたっての必要書類は、相続登記の必要書類と共通のものが多いため、相続登記の申請時に同時に申請をすることで時間と手間を軽減することが可能です。

  • 被相続人の出生から亡くなられるまでの戸籍謄本一式
  • 被相続人の住民票の除票
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 申請人の本人確認書類

 

ご参考

相続関係説明図の作成

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー