相続放棄のメリット

■相続放棄のメリット

被相続人の借金から解放される

被相続人間で借金があった場合、相続人は借金も引き継ぐこととなります。相続放棄をいたしますと、被相続人の借金の支払いから解放されます。

また、債権者から弁済を迫られることもなくなります。

 

相続争いから解放される

相続放棄をすると、相続人でなくなりますので、相続人間の争いに巻き込まれなくて済みます。また、面倒な相続手続きから解放されます。

 

価値がない不動産等を相続しないで済む

全く使い道がなく維持管理費のみかかる不動産の管理から解放されます。使い道がない不動産でも固定資産税が徴収され、また、故意過失によって修繕補修を行わず、他人に損害を負わせた場合、不動産の管理責任を負う場合があります。

不動産の所有権の放棄は難しく、またこのような土地は売却も困難なため、相続放棄をすることでこのような負担から逃れることができます。なお、相続放棄を行うと全ての財産を承継できませんので、承継したい財産がある場合は相続放棄は選択すべきではありません。

 

■相続放棄のデメリット

プラスの財産も相続できなくなる

相続放棄をするとすべての相続財産を相続できなくなります。特定の財産のみを承継したい場合は限定承認をおすすめいたします。

 

次順位の相続人が相続権を取得する場合があり、トラブルになる可能性があります。

第一順位の相続人が全て相続放棄すると、次順位の相続人に相続されます。相続債権者は次順位の相続人に弁済を迫られることになりますので、次順位の相続人に対して予め連絡する等の配慮が必要となります。

 

原則として、相続放棄の撤回はできない。

相続放棄は、詐欺、強迫で相続放棄した場合を除いて原則撤回できません。

借金よりもプラスの財産が多かったことが後に判明しても、相続放棄が受理された後は撤回することができません。

 

■専門家に相談するメリット

相続放棄は原則撤回できません。希望とは異なった結果となることもございます。そのため、相続放棄をすべきかどうか迷っているときは専門家に相談されることをおすすめします。

当事務所では、ご依頼者様のご希望をじっくりお伺いし、ご依頼者様のご希望が実現できる最適な方法をご提案いたします。

どのようなことでも誠実にご回答申し上げます。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー