任意整理とは〜任意整理のポイントと注意点〜

●任意整理とは?

任意整理とは、債権者との話し合いによって現在よりも有利な形で返済をすすめていく手続きです。自己破産や個人再生と違って裁判所を通さず直接債権者と交渉するため、手続きは比較的簡便となります。

 

●任意整理のメリットとデメリット

メリットとして以下のものが挙げられます。

  • 貸金業者から督促が止まります。
  • 借金が減額される可能性があります。
  • 裁判所を通さないので、手続きが簡単

主なデメリットは以下のとおりです。

  • ブラックリストに掲載されるため、新たな借り入れが5~10年間程度できなくなる。
  • 自己破産や個人再生と比較して債務を減額する効果は低いです。

 

●当事務所の方針

当事務所では、将来の利息のカットと3~5年程度の分割払いとなるよう交渉いたします。
比較的将来利息のカットは応じていただける場合が多いですが、元本カットはほとんどの業者は応じてくれない場合が多いです。また、最近は条件が厳しくなっております。

個人再生や自己破産と違って、裁判所を通しませんので、特に書類を準備していただくことはございません。

 

●任意整理の例

元本120万円、金利15%、36回払いの条件で借り入れた債務を利息カット、60回払いで任意整理した効果は以下の通りです。

  月々の返済額 総支払額
任意整理なし 4万1598円 149万7524円
任意整理あり 2万円  120万円
差額 2万1598円  29万7524円

任意整理の手続きをすることで将来利息分29万7524円が減額され、月々の返済も半分になるので非常にメリットを感じていただけるのではないかと思います。

 

●司法書士の代理権の範囲

司法書士は弁護士と違って、任意整理ができる権限は限られております。具体的には1社あたりの債務が140万円以下であれば、業務を受任できます。例えば、A社とB社に関する任意整理を行う場合、A社が100万円、B社が120万円であれば、合計額が140万円を超えていたとしても、1社当たりの債務額が140万円以下であれば受任できます。

 

●任意整理の流れ

1.ご相談

直接ご面談し、じっくりお話をお伺いいたします。その上で、スケジュールや費用につきましてじっくりご説明させていただきます。

●任意整理の流れ

2.受任通知の発送、債権調査

債権者に対して、受任通知を発送します。これにより、債権者からの取り立てがなくなります。

●任意整理の流れ

3.和解交渉

債権者と和解交渉いたします。

●任意整理の流れ

4.和解契約締結

債権者と交渉がまとまりましたら、和解契約書を締結いたします。

●任意整理の流れ

5.支払い開始

和解契約書に記載内容でお支払いが開始されます。

 

●任意整理の費用

3万円~

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー