遺産整理業務を専門家に依頼するメリット

時間と労力の節約

相続手続きは、遺言の調査、相続人調査、相続財産調査から始まり、遺産分割協議、各種相続財産の名義変更手続きと多岐にわたります。

揃えねばならない書類も多く、不備があればやり直しが発生し、手間と労力を要します。

司法書士は日ごろの業務で、法務局や銀行等と頻繁にやり取りを行うため、これらの業務に熟知しており必要となる書類をお客様に代わって素早く揃えることができます。また、相続手続きを行う役所や銀行、法務局は平日の日中にしか業務を行っておりません。お忙しい皆様に代わって面倒な作業を一括して代行いたします。

また、代襲相続や数次相続が発生した場合、相続人確定には法律知識が不可欠で相続手続を一から勉強して相続手続きを行うことはとても労力のいる作業になります。

当事務所が、依頼者の代わりに相続手続をまとめて行うことで依頼者のご負担を軽減し、業務をスピーディにかつ正確に進めてまいります。また、当事務所単独では扱えない相続税の申告も当事務所が窓口となって、税理士に対応いたしますので、依頼者様のご負担を最小限に抑えることができます。

 

信託銀行と比較した場合、費用が大幅に節約できる

信託銀行でも相続手続きまるごとお任せサービスと同様のサービスを展開いたしておりますが、最低の費用が100万円を超えることがほとんどです。また、信託銀行は自ら不動産登記や相続税申告ができないため、私たち士業にこれらの業務を外注しております。(法律上、不動産登記は司法書士、税務申告は税理士のみに認められており、信託銀行はこれらの業務を行うことができません。)よって、これらの不動産登記にかかる費用は信託銀行の費用とは別途必要となります。

当事務所の最低価格は25万円からとなっており、この費用の中に不動産登記の申請費用も含まれておりますので、別途費用がかかることはございません。(相続税申告が必要な場合は、税理士費用が別途かかります。)

なお、信託銀行が行うサービスと当事務所が行うサービスはほぼ同じであり、当事務所にご依頼いただくことで費用を大幅に節約できます。

 

弁護士との違い

弁護士は全ての法律業務を行うことができるのに対して、司法書士は行える業務に制限がございます。弁護士は、特定の相続人の代理人となることができ、その相続人が最大限に得するよう、他の相続人と交渉することができ、紛争になった場合もその相続人の代理人として動くことができます。従って、ご自身の取り分を他の相続人と交渉し、最大化したい場合は、弁護士に依頼されたほうがよいでしょう。

一方で司法書士は、不動産登記の専門家でございます。弁護士も不動産登記を行えますが、不動産登記実務に精通している弁護士の先生はまれなため、紛争性がなく不動産の名義変更がある場合は、司法書士に依頼したほうが一般的に費用も安く手続きもスムーズに進むことが多いです。

 

税理士との違い

税理士は相続税申告の専門職です。相続税が発生する案件では、税理士の関与が不可欠となりますが、相続税申告が必要な相続の割合は全体で10%を超えたことがありません。また、相続財産は預貯金と不動産のみということがほとんどで、税理士は不動産の名義変更ができないため、相続財産に不動産が含まれた場合、一般的に司法書士に依頼したほうが手続きもスムーズで費用も安く済むことが多いです。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー