銀行口座凍結を解除したい方へ

銀行口座凍結を解除したい方へ銀行は、口座名義人が死亡した事実を知ると即座に預金口座を凍結いたします。銀行口座が凍結されると預金の引き出しや、口座引き落としができなくなるなど全ての取引ができなくなります。銀行口座の凍結解除は意外と面倒です。金融機関によって、手続きは異なりますが、どの銀行も戸籍一式と相続人全員の実印及び遺産分割協議書が求められるため、時間と手間がかかります。

当事務所では、忙しい皆様に代わって銀行口座の相続手続きをスピーディーに進めていきます。

 

銀行口座の凍結解除手続きの流れ

  1. 戸籍の収集と相続人調査
  2. 銀行から口座凍結に必要な書類の取り寄せ
  3. 遺産分割協議
  4. 書類作成
  5. 銀行口座の承継手続き
  6. 手続き終了

 

必要書類は、各金融機関で異なりますが、凡そ下記の書類が必要となることが多いです。凍結を解除してもらうためには、遺言や遺産分割協議などにより相続財産の内容、分割方法が固まってから、行う必要があるため時間がかかります。

  • 相続人全員の署名・実印入りの相続に関する依頼書
  • 被相続人の出生から死亡までの戸籍
  • 相続人の戸籍
  • 遺産分割協議書
  • 相続人の印鑑証明書(3カ月以内のもの)
  • 通帳及びキャッシュカード(紛失した場合は、紛失届)
  • 本人確認書類

※戸籍は法定相続証明情報で代用できる銀行もあります。

 

銀行口座解除を当事務所に依頼するメリット

戸籍収集等の必要書類の収集は意外と手間がかかります。また、必要な戸籍が全て揃ったか判断するには、日ごろから戸籍を見慣れている必要がございます。戸籍等が不足していた場合、時間のロスとなります。司法書士は日常的に相続手続きに携わっておりますので、戸籍等を収集し読み解くことを得意としておりますので安心してご依頼いただくことができます。

金融機関は平日の日中しか手続きをすることが出来ません。日頃お忙しい皆様に代わってスピーディに手続きを進めさせていただきます。また、遺産分割協議等の相続手続きも必要となるため、相続に関する専門知識も必要となります。当事務所では遺産分割協議書作成のサポート等必要な手続きを全て代行いたします。

 

・費用

1つめの口座解除費用:6万5000円~

2つ目以降の口座解除費用:2万5000円/1口座~

 

 

仮払制度について

凍結された銀行から預金を引き出す方法として、仮払制度という制度が2019年7月1日から施行されました。これは、亡くなられた方の口座から一定の金額まで、遺産分割協議等によって最終的な帰属先が決まる前に、相続人が単独で引き出せる制度です。なお、他の相続人に無断で引き出した場合はトラブルの原因になる可能性がございますので、引き出す際は他の相続人の了解を取られることをお勧めいたします。

 

・仮払制度で引き出せる1人当たりの額

相続開始時の預金残高×1/3×法定相続分と150万円のうち、小さい額まで引き出せます。

引き出された額は相続分に充当されることになります。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー