夫婦で債務整理を考えている

借金問題で苦しんでおられるご家庭も多いかと思います。
債務整理を活用するとご夫婦の借金問題を解決できる可能性があります。

夫婦両方を同時に債務整理できるかとのご質問をいただくことがあります。これについては問題なく同時に債務整理ができます。

夫婦の一方の債務整理手続きが他方にはほとんど影響することはありません。基本的には同時に債務整理を行うことが有効です。どちらかの借金問題を残すと、借金問題の根本的な解決にならないことが多いです。一方の借金問題が解決できても、残された借金の利息が膨らんで借金問題から解放されないこともありますので、夫婦同時に債務整理手続きを行ったほうが効果的な場合が多いです。

夫婦で債務整理を行う場合、同じ債務整理手続きを行うこともあれば、別々の手続きで行うこともあります。各夫婦にはそれぞれの事情があるので、事情に合わせた方法を選択する必要があります。

 

夫婦で債務整理を行う場合の注意点

  • ペアローンを組んで住宅ローンを組んでいた場合、注意が必要です。このような場合は、夫婦で一緒に個人再生を申し立てないと、マイホームが維持できない場合があります。
  • 夫が自己破産するにあたって、マイホームの名義を妻に移した場合、財産隠しをしたとして、免責が認められない場合があります。夫が自己破産をしても妻は法律上は何も影響を受けません。そこで、夫が自己破産を申し立てる直前にマイホームの名義を妻に移せば、形式的にはマイホームは破産財団を構成せず、そのまま妻名義で残ることになります。これは、債権者にとっては、自分の配当が不当に減らされることになるので、財産隠しとして免責許可が下りない可能性があります。

 

まとめ

夫婦が同時に債務整理をする場合は、それぞれの事情に合わせて慎重に検討する必要があります。このような場合は、専門家に相談してよりよい手続きを選択したほうが良いと思います。当事務所では、どのような些細なことでも親身となって相談に応じますので、お気軽にお問い合わせください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー