FAXの使用について

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

本日は、FAXの使用について日ごろ感じていることを記載したいと思います。

政府の方針でデジタル化を推進しております。ハンコの次はFAXを廃止したいということがいわれております。FAXは一般生活で使用することはほとんどなくなったと思いますが、役所や法務局、裁判所、銀行の支店等はFAXを主な通信手段として用いています。

私も一般企業に勤めているときは、FAXを使用したことがありませんでした。司法書士事務所に勤務するようになって初めて使用することになりました。勤務した司法書士事務所では、主な顧客が銀行の本部だったこともあり、FAXの使用頻度はほとんどありませんでした。独立開業してから通信手段はほぼFAXとなりました。FAXの送信相手として主に司法書士会や役所、法務局となっております。ペーパレス化等が叫ばれている中、FAXを主な通信手段とし続けることに大いに疑問を感じます。

FAX送信するためには、作成した書類をプリントアウトする必要がある、誤送信防止のため一度送信先にテストFAXを流して到着を確認してから送信する等、手間と時間がかかります。このような手段を用いても改めて送信先を打ち込まなければならず完全に誤送信を防止できる保証はありません。加えてメールと違って大量のデータを送信することが難しく通信するたびに通信料がとられ、回線代も別途負担しなければならず合理的とは言えないと思います。役所や司法書士会の場合はそれほど手間がかかりませんが、銀行相手ともなれば複数の関係先に対してFAXしなければならないこともあり、非合理的です。

銀行の本部の場合は、数100ページに及ぶ契約書のやり取り等がある関係かメール使用ができますが、支店の場合は何故かメールが使用できません。FAXでさえ銀行によっては送付いただけず(その場合でもFAX受信はOKというよくわからない理屈がまかり通っております。)、酷いときは遠方でも郵送さえ認めず数万円をかけて書類を取りに来いといってくる銀行もおります。(関西地区から東北地方まで2ページの書類の確認のため来させた銀行があります。交通費は銀行は一切もってくれません。)

 

上記のとおり何故かFAX使用に拘られるところも多く、せめてメール使用を認めて欲しいと感じております。

メールであればいちいちプリントアウトしなくともよいですし、パスワードを用いてファイルを保護することもできます。また、一斉送信機能があり複数の宛先にも瞬時に送信することができると同時に返信機能を使えば誤送信の心配もありません。また、FAXが送信ができないとの理由で不合理に直接訪問させられることもなくなります。これだけでも時間と費用が節約できますので、FAX廃止とまではいいませんので、せめてメール使用を認めて欲しいものです。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー