DESとは

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

本日は、DESについて記載したいと思います。

 

DESとは

DESとはデッド・エクイティ・スワップの略であり、負債と資本(株式)を交換することをいいます。会社の債務を資本と交換することで会社の債務を減らして会社の財務体質を改善することを目的としています。社長さんからの債務を使ってDESを行うことが多いです。

 

DESの手続き

DESは会社への債権を出資して、株式を発行する手続きです。会社法的には債権の現物出資を行うことになりますので、原則として裁判所に検査役の選任が必要となります。

しかしながら、検査役の選任をお願いすると数カ月程度の時間と数10万円単位の費用がかかり、実務上ネックになります。

出資する債権額が500万円を超えたり、発行済株式数の10分の1を超える数を発行する場合は、検査役の選任を避けるためには以下の書類のいずれかが必要となります。

・弁護士、会計士、税理士が価格の相当性を証明した書類

・会計帳簿(弁済期、債権者、債権額等がわかるもので会社の代表者が原本証明を施したもの)

弁護士や税理士の証明書を添付する場合は、税理士費用等が別途かかる場合があります。

 

上記手続き以外は通常の募集株式の発行の手続きと同じです。

 

登記手続き

DESを行うと2週間以内に登記を行うことが義務付けられております。違反しますと100万円以下の過料の対象となります。

登記に必要な書類は以下のとおりです。

・株主総会議事録

・(取締役会議事録) (会社の機関構成によっては必要です。)

・株主リスト

・資本金計上証明書

・税理士等の証明書又は会計帳簿

・株式申込証又は総数引受契約書

 

登記費用は増加する資本金の1000分の7(3万円未満の場合は3万円)の登録免許税がかかります。

 

DESの注意点

DESを行う上で一番注意を要する点は株価(1株当たりの価格)です。会社価値によって、株価は変動します。DESは債務を株式と交換する手続きですので、会社価値と釣り合わない株式を発行してしまいますと税務上問題となることがあります。DESは会社の債務を減らし、財務体質改善には手っ取り早い手続きですが、顧問税理士の先生とよく相談して慎重に行う必要があります。

 

ご不明な点がございましたら何なりとお申し付けください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー