3カ月を超えた相続放棄について

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

今回はネットニュースで3カ月を超えた相続放棄について気になる記事を見つけたので、それについて見解を述べたいと思います。

 

ネットニュースの概要は下記のとおりです。

 

・被相続人は父親で相続人は3人

・父と取引のあった銀行の関係者が葬儀に参列していた。

・父が亡くなって3カ月が経った後、銀行より督促状が送られてきた。

・父親は知人の連帯保証人になっており、不動産を処分しても1000万の債務が残るため、知り合いの税理士に相続放棄の相談に行った。

・税理士によると、父の死後3カ月経ったため、相続放棄は不可能であると言われた。

 そのため、銀行に急いて交渉したところ、銀行としては交渉に応じられないと言われた。

 銀行のこの度の行為は相続放棄できないよう3カ月経過後に督促状を送りつけている点で悪質であること等を訴え粘り強く交渉したところ、銀行から1人当たり200万円払ってもらえれば残り400万は免除すると言われたため泣く泣く支払ったとの記事が掲載されておりました。

 

上記ネットニュースでは、保証債務は証書等が残っていない場合が多く故人が周囲にそのことを伝えていない限り、相続人が知りうることは困難なことに付け込んで、相続放棄できないよう3カ月経過後に督促状を送りつける悪質な債権者がいるとういことを注意喚起する記事でした。

 

しかし、私が上記記事で感じたことは、本件の場合は相続放棄できた可能性がございます。もちろん、他の要因(法定単純承認事項がない等)も考慮する必要がございますが、3カ月を超えた場合でも相続放棄できる場合がございます。

 

「被相続人に相続財産が全く存在しないと信じかつ被相続人の生活歴、相続人との交友状態その他諸藩の状況からみて相続財産の調査を期待することが著しく困難な事情があって、相続人において信ずるに足る相当な理由があると認められる場合」相続放棄が認められるとした判例がございます。

本件の場合、上記判例の要件を満たしている可能性があり、相続放棄を申述してみる価値はあったのではないかと思います。

 

3カ月を超えた場合でも、諦めずに司法書士等の相続放棄の専門家にご相談いただければと思います。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー