過払い金とは?

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

最近はめっきりCMも少なくなりましたが、以前はよく耳にしていた過払い金について記載したいと思います。

 

過払い金とは?

過払い金とは、消費者金融等に対して利息制限法以上の金利で支払った利息を返還してもらえるお金のことをいいます。

 

過払い金が発生する仕組みは以下の通りです。

金利に関する法律は、利息制限法と出資法の2つがあります。

利息制限法では、貸金の利息の上限が以下のように定められております。

・元本の額が十万円未満の場合:年20%

・元本の額が十万円以上百万円未満の場合:年18%
・元本の額が百万円以上の場合:年15%

これ以上の利息を取ることを利息制限法では禁止しております。

多くの業者がこの利息制限法を超えた利息を取っておりました。何故多くの業者が利息制限法以上の利息をとっていたかというと出資法に関係しております。

 

出資法は、刑法及び金融政策などの盲点をついて悪事を働くことを抑制するため法外な高金利などを刑事罰をもって取り締まるための法律です。出資法では上限金利を29.2%と定めておりました。この29.2%を超えると刑事罰の対象となります。

 

貸金業者は利息制限法を超えても出資法の範囲内の利息であれば刑事罰は課せらないことになります。これを利用して多くの貸金業者が利息制限法を超える金利を取っておりました。利息制限法を超える金利は「みなし弁済」を受けたとして、過払い金の返済を拒むことができました。

 

みなし弁済とは?

旧貸金業法では、利息制限法を超える金利をとっても以下の条件を満たせば、過払い金を返さなくともよいとされておりました。これをみなし弁済と呼んでおります。

 

みなし弁済の要件(現在は、廃止されております。)

・貸金業者が業として行うお金の貸付けに関する契約上の利息の契約に基づくものであること

・借主が利息として任意に支払ったこと

・17条書面(貸付金額、利率、返済方法、返済期間等を記載した書面)を遅滞なく交付したこと

・18条書面(領収証のようなもの)をその都度直ちに交付したこと

 

貸金業者であれば上記要件は基本的に満たせますので、平気で利息制限法を超える金利を設定しておりました。これにより、利息制限法の上限金利は骨抜きにされておりましたが、平成18年1月の最高裁判決で流れが変わりました。最高裁は、利息制限法を超える利息であることを認知しながら借り入れを行った場合を除いて、みなし弁済は適用されないと判示しました。これにより利息制限法を超える利息を取っていた場合、その払いすぎた利息を返還請求できるようになりました。

なお、現在では法律は改正され、平成22年6月18日から利息制限法を超える金利での貸し付けはできなくなりました。

 

現在の過払い金の状況

平成22年以降にお金を借り入れた方は、過払い金が発生することはありません。(過払い金が発生する場合は、ヤミ金ですので絶対に手をださないでください。)

 

平成22年以前に借り入れた場合は、過払い金が発生している可能性がありますが、大部分は時効消滅している可能性が高いです。最近、過払い金返還のCMが少なくなっているのはこの理由のためです。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー