給料ファクタリング利用時の注意点

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

新型コロナウィルス等の影響もあって、最近給料ファクタリングを利用される方が増えているそうです。給料ファクタリングはうまく利用できれば有用ですが、「給料ファクタリング」と称して高利貸しを行っている悪徳業者も多いので、注意が必要です。

 

給料ファクタリングとは

そもそもファクタリングとは何かを説明します。

ファクタリングとは、企業が自社のもつ売掛債権をファクタリング業者に売ることで資金を得る取引です。債権を買い取った業者は、自分の責任で売掛先から債権を回収します。

企業にとっては、支払期が来る前に現金化ができ、売掛債権の回収や管理といった煩わしい業務から解放されます。また、仮に売掛先が倒産して売掛金が回収不能となっても債権を売り払っているので、原則売掛先の倒産リスクを負いません。このような利便性から企業の資金調達手段の一種としてよく利用されております。

 

給料ファクタリングとは上記売掛債権を給料債権で行う取引です。つまり、給料債権を給料日前にファクタリング会社に譲渡して、現金を得ることができる取引です。ファクタリングのため、借金とならず、信用情報の悪化につながらないこと、比較的早く資金を手にできるというメリットがあります。

 

給料ファクタリングの問題点

給料ファクタリングは、給料日前に現金を受け取れるメリットがありますが、手数料を支払うため、本来手にできる額より少ない額しか受け取れません。利用すればするほど生活が苦しくなり、慢性的な利用に陥るという悪循環に陥る可能性が高いです。

また、ファクタリングは原則債権の買い取りなので、担保や保証人も原則なく、手数料も利息ではないため利息制限法は適用されず、貸金業の登録も不要です。そこに目を付けた悪徳業者が高利貸しまがいのことを行っており、大きな社会問題になっております。

 

事例

・月額10万円の給料を得ているサラリーマンが利用

・手数料1万円

・月初に手数料1万円を差し引いた9万円が振り込まれる

・月末に会社から得た給料10万円をファクタリング業者に返済

この場合、利息は年利120%という法外なものとなります。このことから、頻繁に利用すると借金が雪だるま式に増え、破綻をきたすことになります。

 

給料ファクタリングが社会問題化するにつけ、金融庁は令和2年2月28日に給料ファクタリング業者は貸金業の適用を受けると判断しました。理由として、労働基準法第24条の規定により、給料債権の譲受人(ファクタリング業者)は、直接使用者に対して給料の支払いを請求することができず、労働者に対して支払いを請求することになるため、金銭消費貸借そのものではないものの、実体として労働者から業者に金銭の返還が常に想定されるものであり、その他の回収余地もないという点で貸付と同様の機能を有していることから、貸金業に該当するとしました。

これにより、上記のような貸金業登録を受けずに「給料ファクタリング」と称して個人に金銭を提供し、後日個人から回収する業者については違法な闇金業者である可能性がございますので、利用しないようにしてください。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー