相続税の簡単な計算方法

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

相続税がかかるかどうかの簡単な方法を記載させていただきました。

本日は、相続税の簡単な計算方法を記載させていただきます。

 

相続税の算出手順

相続税の算出は下記4つのステップを踏んで計算されます。

1.正味の遺産額の算出

2.課税遺産総額の算出

3.相続税の総額の算出

4.各人の相続税の算出

 

具体的な事例をもとに相続税の計算方法を解説いたします。

 

事例

・相続人:妻、長男、長女

・プラスの相続財産の総額:1億6000万円

・マイナスの相続財産(借金):1000万円

・遺産の分配  

    妻:9000万円 

    長男:4500万円

    長女:1500万円

 

1.正味の遺産額の算出

正味の遺産額は、プラスの相続財産の総額からマイナスの相続財産を引いた額になります。

よって、1億6000万円-1000万円=1億5000万円 となります。

 

2.課税遺産総額の算出

課税遺産総額は正味の遺産額から基礎控除額を引いた額になります。

基礎控除額は、3000万円+600万円×法定相続人の数となります。

上記の事例の基礎控除額は、3000万円+600万円×3人=4800万円

よって、課税遺産総額は以下の通りとなります。

1億5000万円-4800万円=1億200万円

 

3.相続税の総額の算出

課税遺産総額を法定相続で分割したものとして仮の相続税を算出いたします。

なお、法定相続分は妻1/2、長男1/4、長女1/4です。

 

妻の分の計算:1億200万円×1/2=5100万円

長男の分の計算:1億200万円×1/4=2550万円

長女の分の計算:1億200万円×1/4=2550万円

 

これを下記相続税の速算表を用いて相続税の総額を算出いたします。

 

妻の分:5100万円×30%-700万円=830万円

長男の分:2550万円×15%-50万円=332万5000円

長女の分:2550万円×15%-50万円=332万5000円

合計:830万円+332万5000円+332万5000円=1495万円

よって、相続税の総額は1495万円となります。

 

 

  • 相続税の速算表

課税価格

税率

控除額

1000万円以下

10%

3000万円以下

15%

50万円

5000万円以下

20%

200万円

1億円以下

30%

700万円

2億円以下

40%

1700万円

3億円以下

45%

2700万円

6億円以下

50%

4200万円

6億円超

55%

7200万円

 

 

4.各人の相続税の算出

3で算出した相続税の総額を実際に分配する割合で按分した額が各人が納税する相続税となります。

 

妻の相続税額:1495万円×9000万円/1億5000万円=897万円

長男の相続税額:1495万円×4500万円/1億5000万円=448万5000円

長女の相続税額:1495万円×1500万円/1億5000万円=149万5000円

 

なお、配偶者には配偶者控除(法定相続分または1億6000万円までのいずれか多い額)がありますので、上記事例の場合妻の納税額は0円となります。

 

よって上記事例の納税額は以下のとおりとなります。

 

妻:0円

長男:448万5000円

長女:149万5000円

 

以上、簡単な相続税の計算方法を記載いたしました。

皆様のご参考としていただければと思います。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー