数次相続と代襲相続について

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

今回は数次相続と代襲相続の違いについて記載したいと思います。

数次相続と代襲相続の判断を誤ると相続人の特定に誤りが生じるため、これらの違いを理解することは重要となります。

これらの違いについて下記の例で説明いたします。

 

具体例

被相続人ABAの子)、CBの配偶者)、DBの子)

 

数次相続について

数次相続とは、被相続人が亡くなった後(一次相続)、相続手続きが未了のままその相続人が亡くなり(二次相続)、次の相続が開始されることを言います。

 

上記の例として以下の順番で相続が発生した状態を言います。

①被相続人Aの死亡(一次相続)

Aの子であるBの死亡(二次相続)

 

この場合は、順次に相続が発生しておりますので、下記のように相続させることになります。

 

一次相続

・法定相続人:B,C

・相続対象財産:Aの財産

 Bは亡くなっておりますので、遺産分割はBの法定相続人であるC,Dで行うことになります。

 

二次相続

・法定相続人:C,D

・相続対象財産:Bの財産

 

よって、Aの財産については、C,Dで遺産分割を行い、Bの財産については、C,Dで遺産分割を行うことになります。

 

代襲相続について

相続が開始する以前に相続人となるべき者が死亡する等相続人がいなくなった場合、その者の直系卑属(その者の子供)等がその者に代わって相続分を承継する制度を言います。

 

上記の例ですと以下の順番の状態をいいます。

Bの死亡

Aの死亡

 

Bが生存していた場合、Aの相続人は子であるBのみとなります。しかし、この場合はAが死亡した時にはBは既に死亡しているため、相続ができなくなります。代襲相続の制度ではBが相続する予定だったものをその直系卑属等が代わりに相続することになります。

 

よって、この場合のAの相続人はDとなります。

 

数次相続と代襲相続の違い

数次相続か代襲相続かを見分けるポイントは、中間者(上記例ですとB)の死亡時期がAより後に発生した場合は数次相続となり、Aより先に発生した場合は代襲相続となります。

上記例ですと、数次相続と代襲相続の違いは、Bの配偶者Cが相続人になるかどうかという点にあります。

 

数次相続と代襲相続の判断を誤ると相続人を誤ることになります。相続人を誤って遺産分割協議を行った場合、その効力を否定される可能性がございます。

上記例は単純な場合を想定しましたが、実務は複雑な場合も多く、大変な労力を要します。

数次相続や代襲相続が発生している場合は、専門家への相談をお勧めします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー