債務整理をすると銀行口座が凍結される?

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

債務整理をすると銀行口座が凍結されるかについて記載したいと思います。

結論から申し上げますと、整理対象に銀行からの債務(カードローンも含む)があれば、その銀行口座が凍結されます。

 

銀行口座の凍結について

弁護士や司法書士が債務整理を請け負い、銀行に受任通知を送付するとその段階で銀行口座が凍結される可能性が高いです。銀行に負っている借金を口座内に残っている預金残高で相殺するため、銀行は口座凍結いたします。(別支店の口座も全て凍結されます。)

逆に口座をもっている銀行からお金を借りていなければ、口座凍結されることはありません。

 

銀行口座が凍結された場合

銀行口座が凍結されると解除されるまでその口座は使用できなくなります。具体的にはお金を引き下ろせなくなったり、電気代やクレジットカードの引き落としができなくなります。また、口座にお金が残っていた場合、借金と相殺されます。

よって、債務整理するときは事前に以下の対策を行っておくことをお勧めいたします。

・債務整理の対象とする銀行の預金は全て引き出しておく

・給与振込先になっている場合は、振込口座の変更をしておく

・電気代等の公共料金の引き落とし口座となっている場合は、変更しておく

 

銀行口座の凍結は、銀行が保証会社から代位弁済を受けると解除されます。期間はおおよそ1~2カ月です。

 

まとめ

銀行から借金している場合、銀行に弁護士や司法書士から債務整理の受任通知を送ったら、口座を凍結する可能性が高いです。口座が凍結されたら、預金残高は借金と相殺され、お金の引き出しや電気代等の口座引き落としができなくなります。債務整理をする前に口座に入っている預金を事前に全て引き出しておく、振込口座を変更する等の対策を行っておくことをお勧めいたします。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー