住宅ローンの支払いが困難になった際の対応方法

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

本日は、住宅ローンの支払いが困難になった際の対応方法について記載したいと思います。

 

住宅ローンの支払いが困難になった際の対応方法

1.住宅ローン滞納が起こる前の対応

住宅ローンの滞納すると、遅延損害金の発生や債権者に法的措置を取られる等によって解決することが困難になります。住宅ローンは直ちに支払いできなくなる方は少なく何らかの兆候があることが多いです。住宅ローンの支払いが苦しくなってきたらすぐに銀行に相談することをお勧めいたします。銀行は、住宅ローンの支払いが苦しくなった方に対して様々な提案をしてくれます。例えば以下の提案があります。

 

・月々の返済を減らし、返済期間を延ばす対応

1月の返済額を減らしてくれたり、返済期間を延ばしてくれたりしてくれます。この場合は、月々の返済額は減りますがその分銀行に支払う利息が増えるデメリットはありますが、滞納して様々リスクを負うよりはるかにましだと思います。

 

・金利の見直し

固定金利を変動金利に変更したりすることで月々の返済額を減らすことができます。この場合は、手数料を別途取られますが一時とはいえ返済が楽になることがあります。

 

・住宅ローンの借り換え

こちらは、他行の金利と比較して有利な場合となります。但し、この場合は月々の返済額は減る可能性がありますが、事務手数料がかなり高くなるので、その手数料も考慮して選択する必要があります。

 

・個人再生の申し立て

住宅ローン以外の借金の返済が重い場合は、個人再生を選択することも考えられます。個人再生は住宅ローン以外の借金を原則5分の1に圧縮できます。住宅ローン以外の借金の返済を圧縮することで住宅ローンの返済が楽になります。この方法の場合は、住宅を手放すことなく債務整理ができます。

 

2.住宅ローンを滞納後の対応

・任意売却

強制競売を行うと、裁判所に支払う手数料が高い、時間がかかる、売却額が安い等デメリットが多いです。強制競売にかけられるのを免れない状態であれば金融機関に相談し、任意売却の方法を選択したほうが賢明です。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー