不動産登記申請で会社の印鑑証明書の添付が不要に

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

令和2年3月30日の不動産登記規則の改正で、不動産登記申請で会社の印鑑証明書の添付が不要となりました。

その概要は以下のとおりです。

 

「法人の代表者または代理人が申請書又は委任状に記名押印した者である場合において,その会社法人等番号を申請情報の内容としたときは,印鑑証明書の添付を要しない」

「承諾を証する情報を記載した書面に記名押印した者の印鑑証明書についても同様である」

 

つまり、登記義務者の立場で押印した実印の証明及び第三者の承諾書として押印した実印の証明として、印鑑証明書の添付が不要になりました。その代わりに会社法人等番号を提供すればよいことになりました。

なお、従来通り印鑑証明書が添付された場合は、この添付された印鑑証明書をもって登記官は審査してもよいとされております。

 

実務への影響

登記実務への影響として、本人申請の場合は印鑑証明書の添付が省略されるため取得費や取得のため法務局に行く必要がなくなります。

不動産売買等で司法書士を代理人として申請する場合は、司法書士が委任状への押印が実印であることの確認及び本人確認の一環から、これまでどおり印鑑証明書は要求されるものと思われます。

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー