アルバイトやパートでも個人再生が利用できるか

皆様、こんにちは。

司法書士の北村でございます。

 

本日は、アルバイトやパートでも個人再生が利用できるかについて記載したいと思います。

結論から申し上げますと、アルバイトやパートタイマーでも個人再生は利用できる場合があります。

 

個人再生のうち、小規模個人再生手続の要件は以下のとおりです。

①借金額が5000万円以下であること

②債務者が個人であること

③将来にわたり継続的に収入を得る見込みがあること

 

この3要件を満たすと個人再生が利用できます。

アルバイトやパートタイマーの方が問題となるのは③の継続的に安定的な収入を得る見込みがあるかどうかです。

個人再生は債務額を原則5分の1に減額し、それを3年以内に完済する手続きです。3年以内に完済できる見込みがないと、利用は認められないケースが多いです。

債務者に3年以内に完済できる程度の収入を安定的に得られる見込みがなければ、個人再生は認められない可能性が高いでしょう。但し、配偶者に安定的な収入があったり、親族の家に居住していて家賃の支払いがない等事情があれば認められるケースもあります。

個人再生が利用可能かどうかは個別案件によりケースバイケースです。判断に迷われましたら、専門家にご相談されることをお勧めいたします。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

0789559063電話番号リンク 問い合わせバナー